Harley-Davidson その後

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハーレーを運転する度に最高だという感覚は途
切れる事はありません。
人生変わるよと言われている品物は世の中に沢
山あります。
サーフイン、禅、バッサーナ瞑想、Mac そして
最良の選択が、Harley-Davidsonです。

僕は瞑想とハーレー、Macですが、そのどれもが
新しい扉を開けてくれました。
もちろん、それらの商品は貴方にとってはなんの
意味もなさない単なる道具かもしれません。
しかし、それらの商品とシンクロ出来る人にとって
は最高の人生を約束します。

そんな、工業製品の奇跡体験

先日、ディラー迄、高速道路をハーレーを運転して行
きました。
通常は時速80キロ〜100キロの間で巡行しています。
飛ばして、120キロが限界です。
カウルがないと風の当たりが強くてそれ以上はハンド
ルから手がもぎ取られそうになってとても飛ばせませ
ん。

しかい、ディラーにちょっとムカついた所があったの
で、僕はかなり頭に来ていました!
時間も閉店時間ギリギリになってしまう為、飛ばし
ました。
時速120キロから160キロに上げ瞬間、エンジンの咆哮
が変わりました。
まるで獣
ラインオンのような叫び!
姿勢を低くしてハンドルにしがみつきながら、スゲー
生きてるみたいだと感動しました。

あらゆる回転域で最高なハーレー

素晴らしい奇跡です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す